ペニス増大サプリVSペニス増大手術!そのメリットとデメリット!

「ペニスの小ささが気になる…」そんな男性も少なくないのでは?
増大するための方法はいくつか存在しますが、中でもよく実践されている方法として、サプリと手術があります。
選ぶなら、より効果的な方や自分にあっている方を選びたいですよね。

そこで今回は、ペニス増大サプリとペニス増大手術、それぞれのメリット・デメリットを紐解いていきます!
是非参考にしていただき、より自分に合っている方法を選び増大を目指しましょう!

通販で買えるペニス増大サプリのメリットとデメリット

ペニス増大サプリVSペニス増大手術!そのメリットとデメリット!-2

まずは、通販で買えるペニス増大サプリのメリットについてです。

ペニス増大サプリのメリット

・気軽に増大を目指せる
まずは気軽に増大を目指せるという点です。
基本的にサプリを飲むだけなので、何か特別なことをしなくても普通の生活にプラスサプリを取り入れるだけで大丈夫です。

例えば増大のための器具などもあります。
しかし、そのようなものは装着する手間などもあって、気軽に増大を目指せるというわけではないです。
また、手術では精神的にも不安になることが多いですが、サプリを取り入れるだけで不安になることは少ないのでより気軽に目指せます。

・痛みはない
増大器具は使用中に痛みを感じる場合があります。
これは、無理にペニスを引っ張ることで起きてしまうのです。
また、手術に関しても施術中は麻酔をしているため痛みも感じられないですが、施術後に麻酔が切れると痛みが続く恐れもあります。
サプリは飲むだけでペニスに痛みを感じることはないので安心です。

・器具や手術に比べると低価格
器具や手術を利用するとそれなりに金額がかかってしまいますが、サプリなら器具や手術よりも費用を安く抑えることも可能です。
ただし、安すぎるサプリは逆に成分量が少ない場合もあるので気を付けましょう。

次に増大サプリのデメリットを見ていきましょう。

ペニス増大サプリのデメリット

・即効性はない
サプリを飲んで翌日には数センチ伸びていた!なんていう魔法のようなサプリはありません。
基本的に効果が現れるのは1~3ヶ月程度と言われています。
体の細胞が生まれ変わるまでにそれくらいの時間を要するので、サプリ効果が実感できるのも3ヶ月程度かかると考えておきましょう。
効果がないからと言ってすぐに止めてしまうと結局ちゃんとした効果が得られないまま終わってしまいます。

・効果がある人とない人がいる
サプリは食品に分類され、医薬品ではありません。
そのため、服用する人が全員同じような効果を得られるかというとそうではないのです。
ですから、例えば同じサプリを同じ期間飲んでいる人が2人いたとして、1人は3cm、もう1人は1cm程度というケースも多くみられます。

このように、サプリは比較的低価格で気軽に続けられて増大を目指すことができますが、即効性がなくしかも効果がある人とない人がいるという点がデメリットだということを覚えておきましょう。

クリニックで行うペニス増大手術のメリットとデメリット

ペニス増大サプリVSペニス増大手術!そのメリットとデメリット!-1

続いてクリニックで行うペニス増大手術のメリットをご紹介します。
サプリとはどのような違いがみられるのか、チェックしてみましょう。

ペニス増大手術のメリット

・即効性が高い
クリニックで行うペニス増大手術のメリットとして一番に言えるのはやはり即効性が高いということです。
サプリに即効性がない分、施術後の通常時でも十分な大きさを得られます。
ただし、施術後はすぐにオナニーやセックスをすることは禁止されており、最低1ヶ月は刺激を与えないようにすることが必要です。

・増大以外の効果が得られる
クリニックでは手術前にカウンセリングが行われますが、その時にペニスの大きさ以外の相談によって、同時に治療してくれる場合があります。
例えば包茎や勃起不全、早漏といったことも専門のクリニックなら一緒に治療してもらえるので安心です。
なお、増大手術を行ったことで改善するケースもあります。

・切らない手術にすれば跡も残らない
増大手術は以前までメスを入れる手術がほとんどであり、その結果ペニスに手術跡が付いてしまっていました。
しかし、現在ではメスを入れなくても増大につなげられる方法が複数あるので、跡が残らないようにすることもできます。

様々なメリットが見られましたが、デメリットはあるのでしょうか?

ペニス増大手術のデメリット

・値段が高い
やはり1番のデメリットとして挙げられるのは、治療費が高くなるという点です。
最低でも2万円程度、かかるものだと数十万円はかかってくる可能性があります。

・術後は生活に支障をきたす可能性も
術後は安静にしていないといけない状態をキープさせなくてはならず、オナニーやセックス以外にも入浴を制限されたり、激しい運動は行わないようにと注意を受けます。
そのため、毎日の生活に支障をきたす可能性も出てくるでしょう。

・様々なリスクが発生する
手術は医師の技術や経験などによって左右される傾向にあります。
ですから、病院選びをしっかり行っていないと適当な施術をされてしまい、縫合が取れてしまったり一部が壊死してしまったというケースもみられるのです。
こういったリスクもきちんと存在することを頭に置いておきましょう。

ペニス増大サプリとペニス増大手術、それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらにしようか悩んだ時は、今回紹介したメリット・デメリットを考慮しながら検討してみてください。

■関連リンク