大きくする仕組み:自分で鍛える場合

自己努力によるペニス増大のロジックとは?

セルフトレーニングの場合、ペニス増大のポイントは何か??

ペニス増大の秘訣は、海綿体への血流増にある。このページでは、ただがむしゃらにトレーニングをするだけではなく「なぜ、どのように増大するのか」をしっかり理解する事で、効果を高めてほしい。

血流を流し込み、膨らますイマジネーション。

ペニス増大の基本は「海綿体への血流を増やす」ことだと述べたが、具体的に掘り下げてみよう。
シンプルに、風船を膨らますのをイメージしてほしい。それと同じように、血流の量を増やす事でサイズアップや強化が見込める。単純にそれだけだ。セルフトレーニングをする際もただオナニーの感覚でいては効果が見込めないだろう。「沢山の血液を送り込んで膨らませている」そのイマジネーションが肝となる。

トレーニングであることを忘れずに。

俗語で「チントレ」と呼んだりするこの自己努力によるペニス増大方法だが、その表現通り筋トレと理論は同じである。数回やれば良い訳ではもちろん無く、継続的な努力が必要という事と、筋肉を鍛えるのと同じようにある程度のインターバルも必要。

筋トレにおける「超回復」と同じように、疲労し痛んだ組織をいったん休める事で修復しより強くなる。

ペニスのトレーニングもそれと同様。 1日おきにする、2日区切りで中休みを入れるなどペニスに回復の時間を与えるのもポイントとなる。